出金手数料無料のカジノシークレットなら勝利金全部自分のもの

投稿者: | 2021年10月7日

オンラインウォレットと銀行振込が利用できる

オンラインウォレットと銀行振込が利用できる
カジノシークレットでは以下の4つの方法から出金ができます。

ecoPayz・iWallet・VenusPoint・銀行振込
オンラインウォレット3つと銀行振込で、自分で選択できるので便利な方法を選びましょう。

オンラインウォレットは3種類
オンラインカジノとの相性の良さで定評があるのがオンラインウォレットです。
中でも利用しやすいと人気のあるecoPayz・iWallet・VenusPoint の3つが利用できますから、どれかに口座を開設しておけば、使い道は多いので不便はないでしょう。
オンラインウォレットは手数料が3つとも無料ですから、勝利金がすべて出金できます。

加えて最大でも24時間以内に処理が終了しますから、スピードも早いです。
24時間以内となっていますが、実際にはそんなにかかることはなく、即時から数時間以内が多いようです。
これなら待ち時間にイライラすることもないでしょう。

銀行振込は直入金で便利
銀行振込にも対応しています。
しかも、オンラインカジノの中でも珍しい手数料無料です。

銀行振込は日本国内でも手数料がかかりますから、それを負担してくれるのは正直お得です。
自分の口座を持っている方は多いでしょうから、それを活用すれば新たに口座を作らなくても済みます。
すぐにカジノシークレットを利用したい方には便利な方法と言えます。

反映の時間と金額の制限は?
オンラインウォレットは即時反映でスピーディーですが、銀行振込になると最大で1週間程度になります。
そこまではかからないにしても、数日は見ておくとよいでしょう。
カジノシークレット側の金融機関と自分の金融機関の双方の処理が間に入ります。
その分、時間はかかってしまいますが、無駄な時間は省くようにしているので比較的銀行振込でもスピーディーです。

また、出金の最低金額と最高金額が設定されています。

まずecoPayzの最低額は20ドルで最高額は5,000ドルです。
iWalletの最低額は20ドルで最高額は500ドルです。
VenusPointでは最低額は20ドルで最高額は1,000ドルです。
銀行振込だと最低額は500ドル、最高額は5,000ドルです。

どのくらいカジノシークレットで賭けるかによって適した出金先も変わってくるでしょう。

オンラインウォレットの出金のしかた

オンラインウォレットの出金のしかた
では出金の具体的な流れとポイントをチェックしておきましょう。
誰でも迷わずに操作できますので安心です。

操作方法はとっても簡単
まずはカジノシークレットのecoPayz・iWallet・VenusPointでのオンラインウォレットの出金方法をチェックしていきましょう。
カジノシークレットにログインして、トップ画面の上部にあるバーの中から「入金」を選びます。

出金をするのですが、入り口は入金の中にありますので注意しましょう。

クリックして開くと出金がありますので、そこを選びます。

すると4つの出金方法が出てくるので、希望の方法を選びましょう。

あとは出金希望額を入力して送信すれば完了です。
出金の入り口が入金であることさえ覚えれば、あとはわかりやすい画面誘導がありますから、初回から迷うことはありません。

出金の条件をクリアしているか?
たまに出金ができないという声も聞かれますが、よく確認してみると出金の条件をクリアしていないことが多いようです。

簡単なところでは、それぞれの出金方法の最低金額をクリアしていないと受付されません。

特に銀行振込では最低金額が高いので、ある程度の金額に達していることが必要です。

加えて条件として
・本人確認書類の提出が必要
・現金の1倍をベットする
ことがルールになっています。

本人確認の書類を提出して審査後OKになっていないと出金はできません。

さらに実際に賭けないと出金はできません。

例えば100ドル入金して100ドル賭けた後ではないと出金はできません。

つまりボーナスだけもらって、プレイせずに出金はできないのです。

銀行振り込みの出金のしかた

銀行振り込みの出金のしかた
銀行振込も海外からであっても、特別なことはありませんので気軽に利用できます。

対応金融機関も多彩
銀行振込での出金も基本的には同じで、出金先を選択するところで銀行振込を選べばいいだけです。
でも、登録できる金融機関が決まっていては、それ以外の金融機関に口座を持っている場合は使えないのは?と心配です。

銀行振込の「入金」の場合は指定先がありますが、出金は特に制限はありません。
出金1回ごとに口座情報を入力しますが、金融機関名や金融機関番号・支店番号などを入力します。

これなら地方銀行などでも問題ないので、広く多くの人に利用できます。

目的に応じて出金先を変えることも大事
オンラインウォレットも銀行振込も手数料と反映の時間、使い勝手の面からも不便はありません。
ただ違うのが出金の最低金額のラインです。

比較的少額の20ドルから出金できるオンラインウォレットに対して、銀行振込は500ドルからと敷居が高いです。

カジノシークレットの場合は、稼ぎ出すと500ドルも決して難しくはありませんので、意外と500ドルの出金もクリアできてしまいます。
ただ、こまめに出金したい場合や初心者なら、20ドルからのオンラインウォレットから始めるとよいでしょう。

ハイローラーなら出金最高額も十分な銀行振込の方が早いですし面倒もありません。
使い分けをしたり、段階を追って変更したりするのも1つの方法です。

入出金先が同じというルール
カジノシークレットでの出金に、もう1つ大切なルールがあります。
それが入金のときに使った方法と出金のときは同じ方法にすることです。

例えば銀行振込で入金したら、出金も銀行振込です。
同じようにオンランウォレットでも、ecoPayzで入金なら出金もecoPayz、VenusPointならVenusPointです。

オンラインウォレット内でも同じ方法に揃える必要があります。

これが違うと出金申請は受付されませんので注意が必要です。

あとは難しいことはないので、反映時間や出金の金額の設定で自分に合った方法を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください