独善的な運営を防ぐ仕組み

投稿者: | 2019年4月9日

今話題となっているオンラインカジノとは

今話題となっているオンラインカジノとは

日本初のカジノ誕生を控えて、同じカジノという繋がりでオンラインカジノという言葉が話題となっています。
ですが、オンラインカジノと聞いてもぱっとなにか思いつく方は少ないでしょう。
オンラインカジノは海外では広く普及しているサービスですが、日本ではまだあまり広まっていないのでそれは当然のことでしょう。

オンラインカジノとは、ポーカーやブラックジャック、ルーレットなどのカジノゲームをオンラインを通じてお金を賭けて楽しめるギャンブルのことです。
オンラインカジノはオンラインを利用したギャンブルであるため、その他のギャンブルとは違い24時間365日いつでも好きな時にプレイすることができます。
世界的に休みとなる年末年始も関係なく利用することができるので、自分の好きなタイミングでギャンブルを楽しめるというのがなによりものメリットです。

しかし、オンラインのギャンブルと言うと違法ではないのかと思われてしまうかもしれませんが、オンラインカジノは違法ギャンブルではありません。
日本ではまだオンラインカジノについての規定はないため、日本でオンラインカジノを運営したり、利用したりした場合は違法となりますが、海外のオンラインカジノを利用した場合は違法にはなりません。

オンラインカジノは全て海外にて海外の会社が運営しています。
プレイの場となるサーバーも同じく海外に置かれています。
そのため、オンラインカジノの利用はラスベガスやシンガポールなどでカジノを楽しむのと同じこととなります。
ですので、法律に触れてしまうという心配をすることなく、安心して楽しむことできます。

オンラインカジノは運営会社だけで成り立っているのではない

オンラインカジノは運営会社だけで成り立っているのではない

オンラインカジノは数多のギャンブルの中でも少し変わった仕組みで運営されています。
オンラインカジノは運営会社だけで成り立っているわけではなく、複数の会社が関係することで運営が成り立っています。

オンラインカジノの中枢を担うのがゲームを構成するソフトウェアです。
オンラインカジノではこのソフトウェアを外注し、レンタルする形で利用しています。
なぜ自社でソフトウェアの作成を行わないのかというと、それはオンラインカジノのソフトウェア制作のプロと言える会社があるからです。
その道のことはその道のプロに任せる。そうした考えの下、オンラインカジノでは中枢となるソフトウェアを外注し利用しているのです。

またソフトウェアの外注と同じく、決済関係のお金の管理に関しても外注しています。
お金の管理は自社で行うのは当然だと思われる方が多いと思いますが、実は自社で管理することが一番というわけではないのです。
オンラインカジノが登場以来ずっと一番大切にしているのは、利用者に信頼されるサービスの提供です。

オンラインカジノだけではなく、インターネットを介したサービスというのは常に不正、不備、トラブルなどがつきまといます。
個人情報が流出したりですとか、預けていた資金が流出してしまったという話は今でもよく耳にすることかと思います。
一度でも不正やトラブルなどが起こってしまうと、離れていった利用者を取り戻すには長い時間を必要とします。
特にお金を扱うギャンブルを提供しているオンラインカジノの場合はそうした不正やトラブルに対してより慎重にならなければいけません。

そこでオンラインカジノでは利用者に安心感を持って利用してもらうために決済を外部の会社に任せています。
利用者にとってみればこれは本当に安心できることです。
決済のプロの会社がお金の管理をしているのですから、入出金に対しての不安がなくなります。
入出金の不安がなくなるということは、それはそのままいつでも安心して利用できるということに繋がります。

オンラインカジノはこうして運営、ソフトウェアの制作、決済を別の会社が行うことによって、品質の高いサービスの提供と利用者への安心提供を行うことができています。

運営を行うには各国政府発行のライセンスが必要

運営を行うには各国政府発行のライセンスが必要

オンラインカジノの運営は運営会社が独自に運営を行えるわけではありません。
オンラインカジノを運営するにはカジノを合法としている海外各国政府発行のライセンスが必要となります。
このライセンスの意味は、カジノ合法国がオンラインカジノを管理しているという意味と同じです。

ギャンブルはどんな種類のものであれ、お金が大きく関わるサービスであるため、しっかりとした管理体制がなければ不正だらけとなってしまいます。
政府発行ライセンスが必要ということは、もし万が一不正が起こった場合政府の顔に泥を塗ることになります。
さすがに一国の政府が相手となると、不正を働こうと考えるような動きはまず出てきません。

そして、ライセンスを発行するにあたっても相当厳しい審査が設けられているので、まずこの時点で怪しいと思われる会社は弾かれることになります。
オンラインカジノを運営するにはこのような政府発行のライセンスが必要となるため、オンラインカジノの安全性は世の中のサービス全般においてもかなり高いものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です