ネットカジノが持っている高配当の真実

投稿者: | 2017年8月11日

他のギャンブルに比べて、億単位の配当が狙いやすいとされているネットカジノは、スロットによる高い配当が多くなっています。
運が良ければ1億円以上の金額が手に入ります。
税金で支払わなければならない金額は出てきますが、安心して生活できるくらいの金銭を受け取れるようになり、ほぼ収入に困ることはないでしょう。
それくらいの金額を1回で提供してくれるネットカジノは、高配当を出せるためにある方法を採用しています。

ゲームによる積立を実施している

ゲームによる積立を実施している

ネットカジノが持っているゲームは、外れた金額を積み立てられるようにしています。
この金額がジャックポットと呼ばれるもので、ジャックポット当選という形になった場合、全てを吐き出すようにしています。

なおこの金額には、ネットカジノが一分の金額を取った上で提供しているので、ネットカジノの利益が失われることはありません。
安心してゲームが運営できるくらいの金銭はしっかりと残しています。

積立を行っていることで、ネットカジノは当選した時の金額を確保しています。
この金額からは、ちょっとした的中による支払いも実施されているので、実際には少しジャックポットが減っている場合もあります。

ただジャックポットに残されている金額は相当高いものとなっており、なかなか減っていくことはありません。
ゼロになるのはジャックポットが当選した場合のみで、しかもゼロになった後でまたジャックポットが発生した場合は、一定額をネットカジノが保証してくれます。

この積立方式について、ネットカジノくらいしか取られていないとされています。
一応日本ではサッカーくじのBIGが行っていますが、支払額に限度を持っているのがネットカジノとは異なります。
ネットカジノに用意されているタイプは、積み立てられる限界はありません。

当たった場合は残されている金額全てを一括で支払うようにしてくれますので、一定額しかもらえないというわけではありません。
提供されているジャックポットは、残されている分だけ全て受け取れるような仕組みとなっています。

高配当の可能性は非常に低く設定される

高配当の可能性は非常に低く設定される

当たれば大きいとされているジャックポットですが、高配当の可能性はかなり低く、当たらない可能性がとにかく高くなっています。
当たれば大きいと言われていますが、そもそも当たらない可能性のほうが圧倒的に高いので、もし当たっている人がいるならラッキーと考えていいでしょう。

それくらいの気持ちを持っていればいいくらいで、何度回してもそうした状況は起こりません。
色々な事を考えてプレイしても、最終的に0ドルになってしまう可能性のほうが高いとされています。

ジャックポットを簡単に出してしまうと、ネットカジノが倒産してしまいます。
積立が発生していない場合、的中した時点でネットカジノは残されている金額から支払いをするので、固定されている金額を出さなければなりません。

これは利益を捨てていることになりますから、ジャックポットが大量に出てしまうのは非常によくありません。
そこでソフトウェアを開発している会社と協力してもらい、ジャックポットの確率は最低限に設定されています。
ただ出ないというわけではありませんので、どこかで発生するものと考えられます。

発生確率はいいところで1年に1回程度、場合によっては数年に1回程度になるでしょう。
とにかく出てこないことで、自分が当てたいと思っているタイミングでは出ません。
ちょっと大きな金額が出てくるようなら、それはいいものと考えていいでしょう。
ジャックポットは夢を見るものとされていますので、殆ど出てこない幻の的中と考えたいものですし、もしその画面を見られるようなら相当嬉しいと思っていいでしょう。

無料ゲームでジャックポットが出てしまうことも

無料ゲームでジャックポットが出てしまうことも

練習のためにスロットを回していたら、ジャックポットが出てしまったという場合があります。
これは無料ゲームですから、ネットカジノが支払うこともありません。
つまりジャックポットが出たとしても、何もメリットを得られないと考えていいのです。
こうした状況は意外と起こりやすいとされていて、ジャックポットを無料ゲームで見ている方はいます。
もしくはジャックポットに近い状況を、他のゲームサイトで見ている場合もあります。

無料で出ている場合は、無料の金額として支払っているだけですから、ネットカジノは損失を計上していません。
つまりだしても問題はないので、無料ゲームは多少高めに設定されています。
それでも運が良くなければジャックポットを見ることはできないでしょう。

無料ゲームで出てしまったら、本番で出てくることはかなり難しいと考えていいです。
それを見てしまったら、同じことが何度続くかはわかりませんし、場合によってはもう出てこない可能性もあります。
貴重なものを見てしまったと考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください