カジノカフェが摘発されるまで

現行犯逮捕

わたしたちがプレイしてる自宅でのネットカジノと違い、雑居ビルを利用して現金の授受を行うカジノカフェは利用していると逮捕されることがあり、摘発されることも多々あります。

カジノカフェは大半が届け出も行なってない

本来店として営業する場合は、このような商売を行いますという通知をしなければなりません。しかし通知をしないまま営業しているところがカジノカフェには多いとされていて、そこでネットカジノを経由して賭け事をさせています。これらを通知すると間違いなく駄目だと言われてしまい、許可が下りないケースが多々あります。問題とされていることを起こさないためにも、大体は許可を取らないでこっそり行なっています。
実際に行われている方法として、空いている店舗を勝手に利用していることが多いのですが、ビルの所有者に対しては後から許可を取るなどと通知して、結果的に利用することに対しては許可をもらうことがあります。しかし中で行われているのは違法なカジノカフェなのです。

地雷

人の出入りなどで不正に感じられる

本来ならこのビルには人が居ないとか、一定の階までなら利用されているけど、それよりも上の階は使われていないなどの状況になります。それなのに人の出入りが行われていて、ある部屋に人が入っているような事があれば、これはネットカジノを利用しているカジノカフェか、それとも実際に行われている違法なカジノの2択となります。
このような状況を警察が確認すると、次は実際に賭博を行っていることを把握することとなります。出入りをしているだけではわかりませんが、状況などを精査すると大体わかってくるようになります。最終的に確実におかしいと思われているなら、それを元に摘発を行います。

現行犯では利用者も逮捕に

賭博をしていることがわかっている時、違法賭博だった場合はそれを利用している人も逮捕されることとなり、実際に逮捕されれば罰金の処分を受けます。運営をしている側は常習賭博として扱われることになりますので、場合によっては懲役刑となります。
こうした現行犯の方が逮捕されるようになり、カジノカフェがあったことに気づかれるケースもあれば、何らかの報道によってバレることもあります。結果的にカジノカフェというのは利用してはいけないものとなります。