カジノカフェ以外でも逮捕される可能性

カジノカフェという形式を採用していることは、警察に逮捕される可能性が高い事を示していますが、実はそれ以外の方法についても取り締まるべきと判断されている場合があります。インカジと呼ばれる方法については、非常に危険なものと判断されていて、逮捕してもいい状況になっていると思われています。

現行犯逮捕

店舗として行われている以外でも危険

基本的にカジノカフェのような店舗形式で行われていることが問題視されていますが、それ以外の方法についても危ないとされています。とにかく問題になっているのは、ネットカジノを利用していることで、利益を得られている状況です。カジノカフェ以外でも、個人的に接続しているなどの状況についても非常に危ないと思われており、賭博を行っていると判断されて逮捕されることがあります。
これらの問題は、接続している事自体が賭博に該当しているようなパターンとなります。カジノカフェならそのサービスを仲介してもらっていることで、行っている人は逮捕されることになりますが、個人でもネットカジノを利用している場合は賭博を実行したとして逮捕されることもあります。

捜査しているネットカジノだと逮捕

もしネットカジノを利用している場合、それが現時点で怪しいと思われて捜査されているなら、これは逮捕される可能性があります。違法サイトを利用していたと思われて逮捕される事例となり、突然警察がやってきて容疑という形で逮捕されます。現行犯で逮捕されることは基本的に少ないですが、利用していたと思われれば逮捕されます。
実際に利用している場合は、これを認めたほうが良いです。カフェカジノのパターンでも同じですが、賭博をしていたことを認めることによって、罪を大幅に減らすことが出来る利点を持っているからです。逮捕されてからでは結構遅いとされているので、先に逮捕されないように気をつけることと、逮捕されたら認めることが一番です。

駄目

個人で提供している場合も駄目

店舗ではなく、サービスとして行わせているとか、個人的にこうした事業をしているように伝えて、罪にならないから安心だと信用させていることもあります。個人で提供している場合についても、基本的には駄目と判断して構いません。
カジノカフェ形式ではない場合でも、インカジ自体が非常に駄目なこととされているので、逮捕される可能性は非常に高いものと考えられています。逮捕されないようにするためには、利用するサイトをしっかり考えておくことです。